インフルエンザの症状と知っておきたい基礎知識 <感染予防のためにもワクチン接種を!>

インフルエンザの基礎知識




りゅうげん(ライフメディアブログ運営@DailyRYUGEN)です。

冬になると大流行する病気といえば…インフルエンザです!

私は幸いここ数年インフルエンザになったことはありません。最後のインフルエンザがいつかも覚えていません( ;∀;)

ただ、年を重ねるごとに自分の免疫力や体力が落ちてきているのではないかと危機感を募らせています。

先日行った健康診断では、要注意のC判定でしたので…

今回は、冬の代表格の病気ともいえるインフルエンザについて書いていきたいと思います。

サンタ
インフルエンザ予防のために何かしてる?
RYUGEN
もちろんしているさ、生活習慣の改善、適度な運動、あとは適度な湿度を保つことだね。

 

インフルエンザ感染症DATA

まずはインフルエンザについてです。

感染症DATA【病原体】インフルエンザウイルス
【感染経路】飛沫感染、接触観戦
【潜伏期間】1~3日間
【主な症状】発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、咳、鼻水など

 

インフルエンザは毎年冬に流行します。学生時代には学級閉鎖を経験したことはあるのではないでしょうか。

毎年11月から翌年の4月までがインフルエンザの流行期間で、ピークは1月と2月。

空気が乾燥してますし、インフルエンザは湿度が低いほどインフルエンザの存在が増していきますから要注意です。

1日~3日間の潜伏期間後、突然身体の節々が痛くなることや38℃以上もの高熱、頭痛、筋肉痛といった全身に症状が現れます。

一般的なインフルエンザは1週間ほどで回復していきますが、症状が長いと肺炎や脳症といった重い症状が現れることもあり、入院治療が必要となる場合もあります。

新型インフルエンザとは

2009年春にメキシコで発生した新型インフルエンザが、日本も含めて世界中で流行したことは記憶に新しいのではないでしょうか。

インフルエンザのように季節性と異なる抗原性をもっています。

そして、異なる抗原性はほとんどの人が免疫を持っていないため急速に人からひとへと蔓延し、健康に重大な影響を与える恐れのあるものとされています。

インフルエンザが私たちにとって身近な感染症のひとつではあるので、インフルエンザにかかった人は多いと思います。

ですが、近年新型インフルエンザや鳥インフルエンザといった、インフルエンザのなかでも次々に危険な感染症があることも頭に入れておきましょう。

サンタ
そういえば猫ってインフルエンザになるの?
RYUGEN
インフルエンザは人から人への感染だから、基本的には猫にはうつらない。けど、人間がインフルエンザになったらなるべく飼っている動物には近づかないであげようね。

 

インフルエンザウイルスの3つの種類

インフルエンザの種類

インフルエンザには3つの種類、A型・B型・C型に大きく分類されます。

インフルエンザは人や豚、鳥に感染しますが、C型は人には感染することはありません。

人にインフルエンザが流行するのはA型とB型です。インフルエンザにかかった人はお医者さんに〇型と言われると思います。

人から人への感染が強いのがA型と言われており、世界的に大流行を起こすのもA型が中心です。

治療としてインフルエンザワクチンがあります。

インフルエンザワクチンにはA型・B型両方に対応するワクチンもありますが、A型もB型もタイプが複数あり、それによってワクチンもタイプごとに異なってきます。

ですので、ワクチンは毎年同じものではなく、世界でのインフルエンザ流行状況や前年のシーズンを考慮したうえで、日本で流行しそうなインフルエンザのタイプを予想してワクチンが製造されていくのです。

 

感染予防のためにも早めのワクチン接種を!

感染予防のためにもワクチン接種を!

私は苦い経験があります。それは、予防接種をしてもインフルエンザになったことがあるからです。

インフルエンザワクチンを接種したとしても、感染を完全に防ぐことはできないのです。

あくまでも発症後悪化しないように防ぐことが本来のワクチン接種の目的ですから、やらないよりかはやったほうがいいです。

なので、発症後悪化しそうな免疫力が弱いといわれる高齢者や子供などには予防接種を必ずしておきましょう。

免疫力が弱い=感染を広げやすいことにもつながりますので、事前のワクチン接種は必須ですね。

そして、ワクチンの効果が出るのは接種してから約2週間後です。

生活環境や住居している家族構成を考えて、早めの予防接種を受けて対策しておきたいですね。

新型インフルエンザに感染したのは約2,000万人!?

さきほど2009年に新型インフルエンザが大流行したと書きましたが、実は日本では軽症や無症状含めてなんと約2,000万人が1年間で感染したと言われているのです!

幸いにも重症になるケースがなく、免疫が早い段階で獲得していたことは良かったと思いますが、新型インフルエンザは季節性インフルエンザとしても扱われることにもなり、「インフルエンザ」と呼ばれるなかには様々なタイプのインフルエンザがあることを覚えておくとよいですね。

さらに、近年最も恐れられているインフルエンザが鳥インフルエンザです。

鳥インフルエンザは死亡率が高い

鳥インフルエンザは鳥インフルエンザウイルスによって起こり、感染経路は感染した鳥類の臓器やふん、体液に接触することです。

以前は鳥のみに感染していたのですが、鶏を飼っている人などへの感染が増えていき、近年もっともニュースとして取り上げられているのが鳥インフルエンザの被害です。

日本でも養鶏場が被害に遇っていますが、世界各地でも鳥インフルエンザが猛威となり、養鶏産業が大打撃を受けています。

鳥インフルエンザは死亡率もきわめて高いと言われており、鳥とブタ、人に感染していきながら、人から人へと感染しやすいようにウイルスが変異していくそうです。

恐ろしいですね。。

感染を防ぐためには、鳥インフルエンザが発覚した養鶏場にはいかないことと、弱っている鳥には近づかないことです。

仮に病原性を持っている鳥だとしても鳥は死なないため、元気な鳥でもむやみに触れないようにすることも大切。

鳥インフルエンザのニュースは比較的全国ニュースにはなるので認知や察知としてはよいので、周辺地域の鳥インフルエンザ情報にはしっかりとアンテナを立てておきましょう!

 

治療に頼り過ぎないように、まずはしっかりと感染予防を

インフルエンザの治療には抗ウイルス薬やタミフルなどが使われることが多いです。

タミフルって聞いたことありますよね。

タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、インフルエンザが発症してから48時間以内の治療が勧められています。

48時間以降だと効果が薄れていくと言われています。

インフルエンザ後の受診のタイミングは発熱後の12時間~48時間がベストで、このタイミングで検査や何らかの治療が適切に行えば回復も早いかもしれませんね。

しかし、必ずしも早く回復するというものではなく、あくまでも目安となるタイミングです。

治療には頼り過ぎないためにも、日頃の感染予防をしっかりと行いましょう。

  • インフルエンザは乾燥に強いので、加湿器などで湿度を適度に保つのが大切!
  • インフルエンザ流行時は、人混みを避ける!
  • 普段からマスクを着用するのも予防効果あり!

インフルエンザは感染予防が第一です。

感染予防さえきっちりとできていれば、インフルエンザになる確率がぐっと減ります。

日頃の予防が大事ですので、これから寒くなる季節に備えておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザは発熱や筋肉痛といった全身性のある症状で、発症してしまうととても辛いですよね。

特に一人暮らしで生活していると、発症してしまったときは大変です。

ここで、もう一度おさらいしておきましょう!

 

  • インフルエンザはほっておくと重症になることがあるので要注意
  • インフルエンザは3つのタイプがあり、世界中で大流行するのはA型
  • ワクチンは重症化を防ぐためにやること、早めのワクチン接種を
  • 発症してしまったら12~48時間の受診がベスト
  • 日頃から加湿器やマスクをするなど感染予防をすること

 

最近は気温が上がったり下がったりと、変化が激しいですね。

超大型台風も発生するという異常気象でもあります。

11月に入ると一気に気温が低くなり、あっという間に冬を迎えます。

インフルエンザにならないためにも、早めの予防接種と、日頃からの感染予防をしておくことが大切ですね!

サンタ
冬は病気になりやすい季節だから気を付けようね。

 

SPONSORED LINK
インフルエンザの基礎知識

人生を後悔しない生き方を

好きな事を仕事にしていましたが、雇用環境がブラック体質で転職を繰り返していました。働き方、生き方を見つめ直して引っ越し→新しい職場で理想の生活環境を手に入れることに成功。 人生は自分で作り上げていくからこそ楽しいもの。 そのヒントとなれるライフメディアブログを目指しています。

WordPress初心者ブロガー向けテーマ「STORK」

当ブログで使用しているテーマは書くことに集中できる「ストーク」です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

りゅうげん

「人生を後悔しない生き方を」。好きなこと、思ったことを自由気ままに書くことをテーマにライフメディアを発信する30代独身ブロガー。 ブログを通じて少しでも役に立てる情報をお届けできるよう頑張ります(^^)/