【人間関係を良くしたい編】偉人の言葉が運命を変える – 人生の役に立つ名言・格言集。

人間関係を良くしたい、おすすめな偉人たちの名言・格言




偉人の言葉が運命を変える – 人生の役に立つ名言・格言集も第2弾となりました!

最初の記事は下記になります(^^)/

[blogcard url=”https://www.dailyryugen.com/greatman-word-destiny/″]

 

今回は人間関係を良くしたい編ということで、前回の自分磨きとは違った偉人たちの名言・格言集となります!

私はこれまで仕事がうまくいかなかったり、気分が落ち込んでいるときには好きな音楽(ちょっとバラード系)を聞いて、こうした偉人達の言葉を見ることがあります。

名言・格言て凄いなと思いますし、言葉ってそれぐらい影響力があり、人から言われた言葉も含めて、私たちは常に言葉とともに生きているということを実感しますね。

RYUGEN
それでは、いきましょう!

 

豊かな人間関係を築きたいときの言葉

 

人の言葉は善意に解釈しなさい。そのほうが五倍も賢い。

ウィリアム・シェイクスピア(劇作家)

かの有名なシェイクスピアの言葉です。私たちは人の言葉を良い方にも悪い方にも解釈ができます。

自分がその言葉をどう解釈するか自由に選べるので、悪い方ばかりではなく、前向きに良い方に捉えていきましょう。

前向きになるということは、心が明るくなっている状態です。前向きなときこそ、気付きや成長の手助けになることは間違いありません。

 

事が生じたときに味方になってくれる人こそ、真の友だちである。

釈迦(仏教の開祖)

仏教を開祖した釈迦の言葉です。

私たちは生きていると、多くの人と出会います。出会ったなかで、自分が困ったときや悩んでいるとき、救いの手を差し伸べてくれる人こそ真の友だちです。

社会人になると、中々「友だち」という表現を使うことは少ないかもしれませんが、仕事をしているときに一緒に悩みを共感してくれる人、助けてくれる人というのは心から大切にするべきです。

私は転職を4回繰り返しましたが、どの会社も今でも連絡を取り合い会っています。苦楽をともにしたからこそ、そして助け合いの精神で仕事に取り組んだ結果です。

 

人間は、その人の受け答えではなく、その人が発する問いによって判断すべきだ。

ヴォルテール(哲学者)

フランスの啓蒙主義を代表するヴォルテール(哲学者)の言葉です。

相手のことをどんな人かを判断する基準ってありますか?第一印象なのか、発する言葉なのか、コミュニケーション力なのか様々な形で人を判断します。

ただ、この言葉はそうした相手を判断するにあたって、その人が何に疑問や問題意識を持っているかを見ていくことが大切だと伝えています。

こちらからの一方的な判断で相手を決めつけるのではなく、相手がどんなことに関心や興味があるのかに注目していけば、その人の価値観や生き方が見えてきます。

良好な人間関係を構築していくためには、とても大事なことだと思いますね。

 

人に対して感じるいらだちや不快感は、自分自身を理解するのに役立つことがある。

カール・グスタフ・ユング(精神科医)

物事がうまく進まないときや人の言動でイライラしたことはありますか?

私は以前ちょっとでもうまくいかないときは感情に身を任せて行動していたことがあります。ただ、それは結果として自分にマイナスな要素を生み出しているだけで、良い流れになることはありませんでした。

怒りや感情に支配されるのではなく、深呼吸をしたり、一旦落ち着いて自分を客観視することがベストな選択です。

私はその後、何かうまくいかないときでも冷静に、そして物事を客観的に見ることができました。

怒りや感情が自分の表面に出てくるときこそ、自分が試されているときだと思いますし、自分自身をよく知るサインだということも忘れてはいけませんね。

 

人格者は無益な言葉を発することはない。

栄西(臨済宗の開祖)

鎌倉時代に建仁寺を開き、禅を広くこの世に伝えた栄西の言葉です。

人から出す言葉はとても影響力があります。言葉が武器になることだってありますし、言葉が人を救うこともあります。

不満や愚痴、文句ばかりを言っていると、聞いている人にも後ろ向きな気持ちにさせ、意欲が削がれてしまいます。

負の共有というものは、負の連鎖を引き起こす要因になります。

言葉を発するのであれば、前向きで明かる言葉を多く使うようにしていけば、性格や周りから見られるその人の「オーラ」というものが好印象を与えることに繋がるでしょう。

 

賢い人は聞き、愚か者は語る。

ソロモン(古代イスラエルの王)

多くの知識があり、多くを語る人は一見博識に見えますが、本当に賢い人というのは自分の持つ知識を周囲に自慢することはしません。

自分が語る前に人の話を聞き、自分の見識、視野を大きく広げることに価値を見出しているのです。

自分のことばかり話す人周りにいませんか?

仕事でもプライベートでも、そのような状態だと周りが見えなくなることが多く、とっさのときに聞いてくれる人が周りにいないかもしれません。

人の話に素直に耳を傾ける人こそ、物事を深く理解していくことができる第一歩です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

良好な人間関係を構築するための、参考になる偉人たちの名言・格言でした。

どの名言・格言も人間関係を構築していくためには不可欠ですし、言葉ひとつで考え方、意識が変化していくことが大切です。

言葉の背後にあることや、相手が言ったことの意味、その先にある未来を身体で感じ取ることができたら、真に付き合える人間関係が続くのではないでしょうか。

 

 

RYUGEN
それでは、また(^_-)-☆

 

 

SPONSORED LINK
人間関係を良くしたい、おすすめな偉人たちの名言・格言

人生を後悔しない生き方を

好きな事を仕事にしていましたが、雇用環境がブラック体質で転職を繰り返していました。働き方、生き方を見つめ直して引っ越し→新しい職場で理想の生活環境を手に入れることに成功。 人生は自分で作り上げていくからこそ楽しいもの。 そのヒントとなれるライフメディアブログを目指しています。

WordPress初心者ブロガー向けテーマ「STORK」

当ブログで使用しているテーマは書くことに集中できる「ストーク」です。

コメントを残す