本気で転職を考えている人に向けて伝えたいこと

転職を本気で考えている人




りゅうげんです。

今日は転職を考えている人に向けて伝えたいことを書いていきます。

私はこれまで、出戻り含めて4回転職をしました。どの会社もとても良い経験が出来、転職をして良かったと言えます。

ただ単に転職をするのでは意味がありません。

自分のキャリアや、せっかく転職をするのですから、転職先では今以上に自分の中でプラスになるものを得てほしいのです。

RYUGEN
私が感じた転職と現在をまとめて書いていきますね。

 

初めての転職が普通では無かった話

みなさん、転職というものはごく一般的に言うと、退職する3ヶ月前には辞表や退職届を上司や会社の人事に出しますよね。

そして提出する時点では転職先が決まっていないといけません。そうでないと、退職したあと仕事がありませんとなってしまったら無収入の日々が発生してしまいます。

もちろん、失業保険を受給しながらじっくり仕事先を探したいという人にも必要のない行動かもしれませんが、私の経験上、転職をするときは次の仕事先が見つかった状態のほうが好ましいです。

私の最初の転職話をしますと、3ヶ月前とかそういうのは一切なく、突然退職しました。(;’∀’)

ちゃんと筋道を通していたのですが、突如社長が「もう来なくていいよ」という今思えばぶっ飛んだ発言だったなと笑い話になってしまいましたが。。

凄くお世話になったところだけに、引き継ぎも納得いくまでやるという話でしたが、やはり長年勤めていた会社を退職するというのは一筋縄にはいきません。

勝手な意見ではありますが、大学4年生のときに就職先が決まらず無理やりお願いした部分もあり、アルバイトから社員へと採用してくれたところですし、大学生と社会人2年目までの6年間、本当にお世話になったところなんです。

だからこそ、きちんとした形で終えたかったのですが、社長の激昂に触れたのはきっと次の転職先がまずかったからだと思います(;_;)

 

転職を確実にキャリアアップにすること

私の初めての転職先が、同業界のトップカテゴリーに位置付けされる職場ですので、余計に怒れてしまったのかもしれませんね。

ただし、転職をしたら過去のことをいつまでも引きずってはいけません。

転職後は、しっかりと自分のキャリアアップのために精一杯やってみることです。

その結果、自分の力となり糧となり、パワーアップしていく自分を実感できるはずです。特に同業界のなかでトップカテゴリーに位置付けされる職場に転職をしたら嬉しいですよね?

今までとは全く違った世界を見ることができますし、なにより人脈が広がるということが転職の大きな強みでもあります。

転職はただ単にするのではなく、自分のキャリアアップを念頭に置いて転職活動をしてください。

 

良い転職先と出会いを引き寄せる法則

その後も転職を繰り返しましたが、現在はこれまでの仕事の経験、そして労働環境すべて考慮したうえで転職した結果、これ以上のない職場環境です。

ただし、人間関係は上手にやらないとということは付け加えておきますが。(”Д”)

なぜ転職回数が多くても、良い職場環境と人との出会いを引き寄せるのか書いていきます。

本気で取り組む

一番はこれですね、転職先では最初は会社の人など誰も知りません。だからこそ、仕事に打ち込むのです。

残業ばかりしたら良いとかそういうのではありません。

誰かのために、何かのために本気で取り組むのです。それが、その仕事に置き換えてみて、自分が何を誰のためにすればよいのか当てはまっていきます。

本気で取り組めば誰かがきっと助けてくれる、よく聞かれる言葉ですが、私は本当だと思います。

人との出会いを大切にする

次にこちらです。

転職先では新しい人との出会いが待っています。せっかく一緒に働いていく仲間ですから、後から入ってきた身としては気持ちは後ろめたいかもしれませんが、出会いを大切にしていきたいものです。

仕事を円滑に進めていくためにも、人間関係がむしろ仕事より大事になっていきます。転職先で孤独に仕事をしたいですか?

本気で取り組み、人との出会いを大切にしていけば、どの職場でも上手くいきますよ。

 

RYUGEN
それでは、また(^_-)-☆
SPONSORED LINK
転職を本気で考えている人

人生を後悔しない生き方を

好きな事を仕事にしていましたが、雇用環境がブラック体質で転職を繰り返していました。働き方、生き方を見つめ直して引っ越し→新しい職場で理想の生活環境を手に入れることに成功。 人生は自分で作り上げていくからこそ楽しいもの。 そのヒントとなれるライフメディアブログを目指しています。

WordPress初心者ブロガー向けテーマ「STORK」

当ブログで使用しているテーマは書くことに集中できる「ストーク」です。

コメントを残す